• 安尾京栄堂

京都南部 地震 骨董品の箱

更新日:4月2日

昨晩 震度4の地震が ありましたね

久しぶりの大きな揺れに 驚きました。


日本は 地震の多い国です。これは 骨董品や高級調度品達 特に 陶器や磁器 ガラスの工芸品にとって 天敵と言える現象だと思いますね。


桃山や江戸時代から 現在まで 骨董品 古美術品が 完全な形のまま 伝世 伝わるには 先人達の知恵が 影響しています。

その大きな理由に 箱の存在が、あります。 この事は 骨董品を査定する時に 着眼する指標の一つとしています。


骨董品や美術品は 高価なイメージが ありますが これは 今も昔も 変わりません 、 現在の骨董品は 昔は 今で言う 現代アートだった時代が あると言う事です。


この高価な 作品を 裸 箱無しの状態で 所有するのは とても怖いと思います。

地震が あった時 棚から落ちて 破損なんて事になると 高価な茶碗や花瓶が ゴミになってしまいます。


だから 先人達は 桐箱や 杉箱など箱の材質にもこだわりを 持って 安心に保管できる環境を 作ったのですね

むやみに 箱は 捨てない方が 賢明です。




土壁の蔵に 桐箱は 最強の火事 地震 対策 家は 焼けても 蔵の中は 安心で 今も昔も骨董品は 換金のできる財産 有事の時は これを 取引して凌いだのだと聞いています。

こうして 日本人は 世界にない 保管技術を 脈々と伝承してきたといえます。


本日は 京田辺 蔵整理に 行ってきます。